モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思い出・過去の事

【混合】「全てお前のせい、なんでも自分のせいにしろ」理不尽な言葉だと思われる言葉が私を救った

投稿日:

私は中身が男になったり女になったりコロコロ変わってしまう。なので小さい時より自分は何者なんだろうとずっと考えていた。

常に不安であり、常に男のフリをする日々に疲れていったのだ。

性別のせいで悩む情けない自分

私は今うつ性疼痛と言う病気で苦しんでいる。これは体中が痛くなる病気だ。これのおかげで散々人生を棒に振っている。現在もこの病気で苦しめられ毎日を喘いでいる。

目に見えない病気なので他人からは「甘えてる」「根性で治せ」等ありがたいお言葉を頂く。そんな時にいつも思っているのが「ああ自分の性別が一定だったらこんな惨めな生活をしなくて良かったんだろうな…。」と考えてしまうのだ。そして愛してほしいと願う母親にも怒りはぶつけてしまうのだ。

母親はもう自死してこの世にはいない。「勝手に変な性別で産んで勝手に自死して本当にいい加減な人だな」私はこう思う時が度々ある。

「もっとちゃんと産んでくれれば自分は幸せだったろうに…。」日々思うのだ。

多分多くの人が「性別なんてどうだっていいだろう?」みたいなありがたい言葉を頂くが、”多分本人じゃないと分からない”と言う言葉は私の為のような言葉だろう。

朝起きて中身が変わる恐怖。これはきっと世界中でも理解出来る人はいないだろう。

部下の失敗を全て私のせいに

私はドン・キホーテで働いていた事がある。体中が痛くてなかなか上手く動けなったが働かせてもらった。

2年目あたりよりバイトながら下につく部下みたいな人が出来た。私は認められた事と、私が存在する理由が出来て大変喜んだのを覚えている。

そんな時に部下が失敗を犯したのだ。私は保身に走り上司であった店長に言い訳をしたのだ。その時に「全てお前のせい、なんでも自分のせいにしろ」と言われた。周りに聞いている同僚は「なんてひどい」と言い私を慰めてくれた。

だが私はその言葉を聞いて脳裏の裏で花火が上がったのだ。

上手く生まれなかった私のせいである

母親を時々恨む事は実はまだある。人間だからしょうがないと思う

そんな時に「全てお前のせい、なんでも自分のせいにしろ」と言う言葉を思い出すのだ。この言葉は私の心に深く突き刺さる。

私は自分と言う存在が分からなく常々周りを恨んでいた。中身が男になったり女になったり等苦痛以外何者でもなかった。

しかしこの言葉で私は「上手く生まれなかった私のせいだ」と周りを恨まなくて済むようになったのだ。

周りを恨まなくなった私は安堵して自分だけを恨むようになったのだ。変な話だが恨む相手が多ければ多いほど私の心は黒くなっていったのだ。それが今では自分しか恨まなくて良くなったのだ。とても清々しいではないか。

魔法の呪文

私は自分の心が歪みそうになるとこの言葉を復唱する。時には飲み込まれてしまいそうになるが呪文のように唱え続けると我にかえれるのだ。

性同一性障害人の中でおそらく母親や父親を恨んでいる人は結構いると思う。「なんでこんな体になってしまったんだ」「ちゃんと中身と外を合致して産んで欲しかった」そんな言葉を吐き捨てる人は是非とお私の呪文を唱えて欲しい。

「全ての事は自分のせい」この言葉を唱えれば恨む相手が自分しかいなくなる。そして周りの人を愛せるようになる。なんて素敵な事ではないかと私は思うのです。

-思い出・過去の事
-

執筆者:

関連記事

【女】男の人の話も分からない、女の中にも入れない孤独。私は皆で共有できる「怖い」を求め続けた。

最近過去の事を思い出す事がある。完全な男のフリをして過ごす辛い日々だったが、その中にも楽しみがあった。それは心霊スポット巡りだった。 タイトルにも書いたが私は中途半端に生まれてしまったせいか、男性が話す内容がよく分からないのだ。

【女】ゲンキングさんを見た瞬間に私と同じだ!!そう直感し生きる勇気がわいた!!

こんにちは!今回は私がどのようにして自分の性別について立ち向かっていったか詳しく書いていきたいと思います。

【女】プールでナンパ大成功!!その数年後友達からブーイングを受けたあの夏

私は中身がコロコロ変わるがプール等は嫌々行った。多分たまたまだったんだろうがその日は男で気分は上々でプールに出かけたのを覚えている。

【女】お金が無くてコバンザメのように男友達の後をついて回った過去。ライフガードを飲みたいと思い続けた日々

私は小さい時から自分の性別に違和感を感じていた。

【女】祖母が唱える念仏、水子の霊へ思い。水子への思いが山へと呼んだ気がした。

私の祖母は昔ながらの人だ。朝には神棚に挨拶し、次に仏壇に挨拶して念仏を唱えるのだ。

「お釈迦様、両太子様、◯◯家◯◯家◯◯家、水子の霊の皆さん。おはようございます。今日も一日よろしくお願いします。」これを唱えて念仏に入るのだ。


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v