モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思い出・過去の事 性別的なこと

【混合】性同一性障害の人への対応は特別なものにしなくてもいいと私は考える

投稿日:

私はずっと身体について不安があって鏡を今でも見るとかなり不安になる。正直自分の体はしんどい。

たまに性同一性障害の人への対応で物議が言われているが当事者として私は意見を言いたい。

特別対応はいらない

私は完全な男でもなく女でもないからだろうか?特別な対応はいらないものだと考えている。

よく更衣室の事など議論に上がるが、体を改造してないのであらば体にあった更衣室を使えばいいと考えている。

確かに違和感があり、心が穏やかではないが、周りから見たら私は完全な男であり溶け込んでいるからだ。

だがもしも体を完全に改造しているのならば体にあった方を選べばいいと思う。それで中で反対の意見が出たらトイレ等で着替えればいいと私は思うのだ。

冷たいい方になるが会社は自己主張する場ではない、付加価値を生産し金を稼ぐ場所なのだ。

ただ一つ勘違いして欲しくないのは性同一性障害をからかって「体を見せろ」や、「同性を見てムラムラするのか?」等のからかいは頂けない。これは会社には何も関係ないからだ。恋愛や体つきでは会社に何ら迷惑をかけていないからだ。節度ある大人ならしないと思うが、どんな会社にもゴミから生まれたゴミ太郎がいるのは嘆かわしい。

特別を作ると異端になる

特別な対応をしてもらおうとすると周りが触れてこなくなる。そんな経験を存分にしている私はわざと特別を選ばない。

今私が中身がコロコロ変わる事を知っている女友達3人がいるが、体は男なので女性の聖域には入らないようにしている。

ジャンダー的に見て現在はかなり理解があるようになってきた。それも先代の人達が必死になって作ってきたからだ。それに我々はあやかっている訳で甘えてはいけないと私は思うのだ。

実はこないだ「あんたは女の気持ちなんて分かってない、気持ち悪い」と友人だった人に言われた。確かにそうだ。外見は男なのだから相手の言う事はごもっともである。

言われた日は悲しくて泣いて泣いて泣きはらした。そして体を治したいと深く思ったのだ。

だが相手側から見たらどうだろうか?私は体が男だ。しょうがない事だ。向こうは完全な女なのだから私は十分に気持ち悪いものだったろう。

性転換しても無理な人は無理

私の友人に性転換の話を振った事がある。その人はもしも元男で完全に女になったとしても受け入れは出来ないとはっきりと言われた。

彼いわく「そんな気持ち悪いやつが近くにいたらぶん殴るよ」と笑って言っていた。そう彼にとってみたら下を切ってホルモンをいれたとしても「男」と言う過去は消せないのだ。

ひどい話だと思うだろうか?いや私はそうは思わない。この先に私が性転換してこのような言葉を浴びせられたとしても一時は傷つくだろう。しかし相手側にも事情がある。その事情は相手にしか分からない事だ。無理して分かりあう必要などない。

差別されるだけまし

私は実はオカマやニューハーフの人が羨ましい。彼らは体と中身がマッチしてないだけだからだ。

体が男だが中身が両方あり、日によって違う私はどこにも属せないのだ。どちらの体にしても私は一生違和感を背負って生きていかないといけないのだ。なので自分の事を説明したとしても相手は無視したり触れないようにして話題にも上がらないのだ。きっと周りは私を嘘つきだと思っているのだろう。

差別されるよりも無視されるほうが十分にきつい。議論にもならないので一人悩むしかない。

「はいはい、そういうのはいいよ。もうお前が男なのは分かっているから。」私はこの言葉をある友人だった人に言われた。

そう私は誰も信じてもらえない嘘つき野郎にになっているのだ。

 

もう理解されなくてもどうでもいいと最近は思うのだ。ただ私の一つの願いとして叶うならば、大人の動画を見る時に混合した状態ではなく、どちらか一方の状態で見たいのである。どちらを見ていいか分からない状態が一番きつい。純粋に自慰行為をしたいのだ。

-思い出・過去の事, 性別的なこと
-

執筆者:

関連記事

【男】彼女から憧れの人に、ルーズソックスが私の視点を変えた

私は小学校時代より自分に性別を感じていた。中学校時代には一度母親に「自分は女になりたい」と言ったこともある。

【混合】愛しい彼女を食べたいと思った日々、私の体になって欲しかった

今日はおそらく混合の日なんだろう。混合してる日は落ち着くと同時に普通では考えいない事が常識だと思ってしまう。

【女】スカートめくりをしてる私のアイドルRちゃん。彼女に近づきたくて告白した事

私は中学生の時に母に「女になりたい」と言い「なぜ女の子に産んでくれなかったの」と泣いた時がある。

【女】高橋靖夫の人生から生き方を学んだ。いつまでも子供のように立ち向かう事、それが彼の生き方

私の人生で大きな影響を受けた中の一人で高橋靖夫という人物がいる。知っている人もいるだろうが、多分知らない人のほうが多いと思う。

【女】男の人の話も分からない、女の中にも入れない孤独。私は皆で共有できる「怖い」を求め続けた。

最近過去の事を思い出す事がある。完全な男のフリをして過ごす辛い日々だったが、その中にも楽しみがあった。それは心霊スポット巡りだった。 タイトルにも書いたが私は中途半端に生まれてしまったせいか、男性が話す内容がよく分からないのだ。


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v