モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思う事・考え

【男】自分の性別を受け入れて安堵すると共に、母親からの愛を失うのが怖い自分

投稿日:

ずっと疑問だった自分の性別を受け入れて最近生きている。認めると同時に安定する日々を送れる時間が増えるようになってきた。

それと同時に天国にいった母親は私の事をどう思っているのだろうか?母の事を思い出す時間が増えてきた。

天国で泣いてる母

私は自分の性別に違和感を感じている事を一度母親に言った事がある。その時の母親の悲しい顔を思い出す。もしかしたら天国で私の母は泣いているのではないか?と想像してしまうのだ。

こないだちょっとした知り合いに正直な意見を聞かせて貰った。彼女は息子2人を育てあげたお母さんである。「もしもあなたの息子さんが性同一性障害だったらどうする?率直な意見を聞かせて欲しい」彼女の答えは「正直困る。」そう言われた。

正直な意見としてありがたく受け止めた。当り前だと思う。一生懸命育ててきた息子は実は半分女だったとしたら受け止めるのは大変だろう。

きっと母親も天国でうろたえているんではないかと想像してしまう。

失われる覚悟

”母親ならばどんな子供も愛する”そんな言葉を言ってくる人がいる。確かにそうかもしれない。だが違うかもしれない。

宗教関係の人と話す事が以前に多くあった。やはり性同一性障害については皆疑問を抱いていた。多くの人が性同一性障害を「勘違い」や「一時的自分の性別からの逃避」のように考えている。

私も一時自分の性に対して思う思っていた。「自分はきっと男性と言う性別から逃げているんだ。もっと努力すれば男らしくなれる。」そう思いながら生活して自分を追い込んだ。自分を追い込んだ先には何も無かった。ただ無様に倒れるだけだった。

私の母親は私になんと投げかけるだろう。「あなたは男よしっかりしなさい」そう言われたら私はきっと崩れてしまうだろう。私は男を演じ続けたほうがいいのだろうか?

あの世での再開

私は死ぬのが怖い。痛いのも怖いが、もしも自分が死んだ先に母親がいるのが怖いだの。

彼女は私になんて言ってくるだろうか?どんな表情をしてるだろうか?そんな事を考えるととても不安になるのだ。

正直今は他人からどう思われようがあまり気にならなくなった。他人は私の事を助けてくれないし、愛してもくれない。でも母親は私を愛してくれた。その愛が壊れてしまうかと考えるのが怖いのだ。

 

-思う事・考え
-

執筆者:

関連記事

森山未來君と結婚するなら性転換したいと思いながら妄想する日々を送ります 落としたい同性がいたら、まずは酒を飲ませろ

暖かくなってきたので、男っぽい時が増えてきた。だけど、やっぱり女性っぽい時もある。こんな私だが、性転換は今の所考えていない。と言うのも男の体として生まれてきたのだから、何か理由があるのではないだろうか …

母の自死の原因が家族が原因だと理解出来始めた

祖母と伯父が一緒に暮らし始めて少し思う事がある。それは2人とも若干知的障害とアスペルガー障害があるように思えるのだ。 一見すると普通に見えるが話す事が通じない事が多々ある。祖母は恐らく多動性障害だと思 …

【混合】私はキャベツが好きだ。キャベツの皮は人間の知識のようなものだ。知識は外側から崩れていく。

今朝キャベツを剥いていた時に思った。キャベツとはなんと合理的な植物だろうと。 よくよく考えて欲しい、キャベツほど役に立つ食材はいないだろう。

【女】死後の事を考えると性転換をしたほうがいいかと思ってしまう。死後の世界ではどっちの体になる?老後の事も心配

私は最近考える事がある。それは死後自分はどっちの体になるのだろうかと思うのだ。

「モノ」だと思っていた子達に思う事 こんな自分に来てくれて申し訳ないと少し思う

最近自分の精神状態が落ち着いてきた。そんな中に色々な事を考えられる時間が増えた。 以前だったら「いかに男らしく生きるか」を考えていたが、今は違う。自由な考えが思い浮かんでくる。このような時間は生まれて …


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v