モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思う事・考え

【女】イケメンは人類の共有財産にすべき。奉仕は必要だと私は思います!!

投稿日:2017年5月12日 更新日:

女性の方の皆さん一度はイケメンとデートしたり一緒に食事したいと思った事ありませんか?

私は非常にあります。しかしです、世の中は非常なものでイケメンには大体可愛い子か、美女がつきます。これはあまりにも理不尽だと私は思うのです。

イケメン所有化法

まずイケメンは人類の所有物としたほうがいいと思います。

イケメン審査機関に審査してもらって、イケメンと判断された人は隔離し、一時的にマナーや女性との話し方を徹底的に教育します。

育成し終わったイケメンは日々派遣されるようにすればいいと思うのです。

派遣先は寂しい恋愛が出来ない女性と、中身が女性の人です。そしてもちろんですが、デートだけで、その先は出来ません。出張ホストのようなものです。

女性の選別

これは非常に難しい問題です、一歩間違えば女性からの猛反発を食らうからです。

まず申請方式を取りたいと思います。さらにこの中から彼氏や男の人と話すことが困難な人を厳選します。そしてようやくイケメン派遣を受けられる資格を得られるのです。

容姿検定を設けたいところですが、女性にそのような検定を行うのは失礼だと思うので我慢しましょう。

財源

さて財源はどうしたらいいのでしょうか?女性側からの支払いが出来るのであればいいですが、それではいけないと思うのです。

国会議員の数を減らしたいと思います。考えてください、衆議院は475人、参議院は242人いるのです。全く無駄ではないですか、数を私が調整したいと思います。

衆議院は9人、参議院も9人にします。下の画像を見て分かるように日本は大きく分けると9個に分けられるのです。これで十分です。

さて人数を削ったお金で大体の財源は確保できるはずです。しかも国会議員が18人になったおかげで、責任の所在がはっきりします。今のようにのらりくらりと過ごしている嘘つき国会議員はいなくなるのです。

イケメン徴兵制

最終的にイケメンの徴兵制を導入したいと思います。女性、または中身が女性の人に奉仕するのです。

奉仕期間は18~20歳、28~30歳、35~40歳としたいと思います。

イケメンはいつでも需要があるので40歳のイケメン徴兵制が終わるまで結婚は不可にします。そして40歳になったら自由の身になるのです。

お国の女性、または中身が女性の為に働いた男性はイケメン年金が40歳から支給される仕組みをすればいいと思います。

イケメンと接した女性は自信を持ち積極的に男性と交際できるようになる。さらに子供が増えて人口が増える。なんという事でしょうか!!

これで世の中は平和に、なおかつ愛に溢れた世界になると思うのです。

-思う事・考え
-

執筆者:

関連記事

【女】子供を産めない歯がゆさ。ゲンキングさんの「絶対ママになりたい」が心に響く

私は中学校、高校の時に将来を妄想していました。妄想内容は自分が主婦として生活している姿です。

【女】ニコ生の人気女生主を見るたびに煮えたぎる思いが沸々と湧く日々

私はニコ生が好きだ。だから毎日のように巡回している。

【混合】自分と言う他人を一番に考える事が大事。過去の自分との対峙との時間の中で知る。本当に必要なのは自分

私は小さい時から自分への違和感を感じていた。特に体だ、自分に胸が無いのが違和感があり、男性特有のたくましい体が嫌だった。

この事から自分と言う存在から遠ざかるように努力した。どのように努力したと言うと他者の幸せを考えて行動する事が自分への幸せと考えて行動したのだ。

相手に一生私と言う存在を覚えて欲しい時に思う事

ふと自分と言う存在が分からなくなる。「男」「女」?恋愛対象はどっち?体はどっちが合うのだろうか?こんなことを考えると体がぞわぞわしてくる。 こんな時に自分と言う存在を誰かに覚えてて欲しいと願望が顔を出 …

保毛男田保毛男を見て爆笑した今の私だが、思春期はテレビを避け、友達も避けていた件

最近twitterを見ると「保毛男田保毛男」のと言う言葉が目についた。「こいつはなんぞや?」と思って検索すると昔見たことがある画像だった。 画像を見た瞬間に「ブハッ」と吹き出した私がいると同時に「よく …


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v