モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思う事・考え

【女】ツイキャスでコメントしようとする度に鉄壁の守りをする囲い女。こいつらをなんとか出来ないものかと悪い私は考えるのだ

投稿日:

私は家で過ごし事がほとんどだ。女性の日だろうが男の日だろうが家で過ごす。と言うのも現在疼痛症候群なる体が痛くなる病気になっているのだ。だから体を動かす事が困難なのだ。

そんな時に私はニコ生やツイキャスをホソボソと見ている。

私は体は男だ。だがたまにはイケメンとチャットでもいいので女の子としてコメントしたいのだ。そんな時にいつも思う事があるのだ。

ニコ生ではしない

私はニコ生でたまに放送している。放送の中で私は自分の性別的な事は告白している。多分リスナーのほとんどは気にしてないか、ご冗談と思っているだろう。

たまにニコ生でもイケメンなる男性がいる。「コメントしてしまおうかしら// 」と考える時がある。私はニコ生歴がかなり長い、その為にアカウントを5つ持っている。やろうとすれば出来るのだがやらないのだ。

ニコ生でチヤホヤされる男は大体がメンヘラになる。だから私はコメントをグッと堪えているのだ。

最近ツイキャスにも進出してムラムラと放送を見ているのだ。

イケメン率が高い

ニコ生信者には悪いがツイキャスのほうが男はイケメンが多い。ニコ生の男性はとにかく五月蠅いが、ツイキャスの男性は落ち着いている。そんな感じなので私は男性の放送を見るならツイキャスの方を優先している。

私にはお気に入りの男性がいる。かなりかっこいい、そして清楚な感じである。私のような化け物がいいと考えるのだから、通常の女性からはすごい人気だ。常に閲覧が300人を超えている。そしてコメントをしている女性?中にはゲイやオカマも交じっているだろう、奴らのコメントがやばい。とにかく気に入られようと媚びるのだ。

一人のイケメンを巡って女と思われる戦いがコメントの中で沸々と行われているのだ。本当に醜い戦いだ。

絶対的囲いとの闘い

その中では絶対的な囲いがいる。囲いとは生主とリスナーの間に入って生主を守ろうとする輩だ。誰も頼んでいないのに自ら必死に行動する謎の生き物だ。

「初見です」と誰かがコメントすると「初見さんいらっしゃい、必ず3点してね!ウンタラカンタラ」と説明してくるのだ。こいつらを私はどうにかしたいと考えている。

奴らがいる限りイケメンとお近づきになれないのだ。しかも私にはハンデがある。それは男の体の持ち主だと言う事だ。

だがしかーーーーし!!ネットの中だけを考えるとそこは諦めて女性として奴らをどうにかしないと考えるのだ。

本当に汚い心の持ち主の私だが囲いがコメントする度に心の中で舌打ちしてしまうのだ。奴らを黙らせないと気がすまないのだ。

そして思ってしまうのだ「お前ら女なら現実の世界で彼氏作れや、こっちは現実で作れんから楽しもうとしてんのにホンマ邪魔やわ、ちょっとは譲れや」と何故か関西弁になるのだ。

同じ種族の可能性

だが最近ふと思ったのだ、この囲いは実は私のような人物の可能性があるのでは…?そうなると奴らは同士になるのだ。

私は囲いのチャックを欠かさない。奴らのTwitterを見て本当の女か目を配るのだ。もしも同士がいた場合は許してやろうと私は思うのだ。

一番許せないのが非公開にしている輩がいる。一体奴らは何を見られるのを恐れているのだろうか?もしかして私のようにフリークスだから非公開にしているのだろうか?ネットの向こう側では悲しきおっさんが少女の真似をしているのではないかと妄想してしまうのだ。

戦いはコンティニュー

私はまだコメントをしていない。いつかコメントをしてみたいと思うが恥ずかしくてまだ出来ないのだ。

いつかコメントをする時は囲いの排除を行う時だろう。そして囲い排除と同時に私が囲いになると確信している。

どうやら私は相当性格が歪んでいるらしい。だがいいじゃないかネットの中だけなのだから。

私が天下を取った時にはまたブログで報告したいと思う。それまでツイキャスの女同士の醜い争いを是非とも一度は見て欲しいと私は切に思う。

-思う事・考え
-

執筆者:

関連記事

眠るような遺体を見ると気持ちが落ち着く理由が少し分かった気がする

自分は小さい頃より遺体を見る事が好きだった。グロイ画像ではなく、静かに眠るように眠る遺体だ。 自分でもなぜだか分からなかった。が見ていると気持ちが落ち着き、静かな時間を過ごせた。このような現象は今でも …

母親に会いたいって欲望がこの世で一番強いんじゃないかな?30過ぎたおっさんだけどこれしかないんだな

小さい時から欲しいものが無かった。 自分は男物か女物どちらを持っていいのか迷っていたし、どちらも似合わなかったからだ。 欲しいモノも分からず過ごした日々は苦痛だった。だって人間ってモノを介した会話が多 …

【混合】人間が二本足で歩いた理由。それはきっと何かを求めて立ったのだろう。その何かに我々は近づいているのだろうか?

二本足で歩く生物は地球上で探そうと思えば結構な数がいる。彼らは二本足で歩くと言うよりかは二本足で歩けると言ったほうがいいだろ。 それでは何故人間と呼ばれる愚かな生物が二本足で歩けるようになったのだろう …

【女】逆ハーレムになっている姿を想像して日々力強く生きています!!

最近ふと妄想に浸る事が多くなっている。と言うのも体は男だけど中身が女の場合だけだけど。

自慢の息子ではなく、自慢の子供になる事を目標としてみようと思う

生まれてから目標と言うものが無かった。自分の体と服、そして声、すべてに疑問を感じていた。そんな中に目標という宝を持つことが出来なかった。 同年代の人が夢を語る時に羨ましくも感じた。自分は目標を持つ前に …


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v