モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思う事・考え

【女】死後の世界では自分の体はどちらになるだろうと頭を過る。性転換しても死後は生まれた姿なのだろうか?

投稿日:

先程自分の体を鏡で見て思った。「自分の体は死後はどちらになるのだろうか?性転換をしたとして死後は体は男になるのか?」

こんなくだらない考えだが私には大真面目な考えだ。もしも今性転換したとしても死後はどうなるのかとても気になる。

体は入れ物

魂と言う言葉がある。これに入れるのは体だと私は考えている。

死後の世界では体というのは重要ではないと考えるのが一般的であろう。しかしながらもしも体があったなら私はとても戸惑うと思う。

「また男の体か…。」きっと私はこんな風に思うだろう。そして神様の前で恐れ多くも言うだろう。「神様私は体が間違っていると思います。」神様のことだ「全て受け入れないさい」と優しく微笑むだろう。

そしてぼんやりと霊界をさまよいイジイジするのだ。

性転換しない理由の一つ

私は性転換しない理由の一つに「この体に生まれたのには理由がある」と常に考えていた。厨二病的だが自分には役割があり、それらは世の中の人の役に立つだろうと自分自身を納得させていたのだ。

しかし世の中には性転換をした人々がたくさんいる。彼らは役割を放棄したのか?私はそのような事を考えない。彼らには性転換する使命があり、使命を忠実に実行した勇者なのだ。彼らには彼らの使命があり使命を実行中なのだ。

私は直感だが性転換する使命はおっていないと考えるのだ。

各自の直感を大事に

性転換するには各自の自由だと思う。直感的にしたいと思うならばした方がいいだろう。だが世の中は非常だ。体が合っていないなら性転換すればいいじゃないかと簡単に物事を考えるのだ。

物事を白と黒に考えたがるのが人間だ。確かに白と黒はっきりしているならば物事はスムーズに進むだろう。

少し私はスピリチュアル的な考えがある。悩む事によってこの世の使命を全うすると言う普通ならば嫌厭される考えを少しだけ持っている。

この世の中に生まれてきた理由を「魂の浄化」として捉えるのだ。自分でも書いててバカバカしいと思うが、誰もが「運命」と言うものを感じた事をあるだろう。私は運命的な直感を大事にして生きているのだ。

他人を気にするよりも自分と言う他人を幸せに

私は以前に高橋靖夫先生に言われた事がある。言葉はハッキリ覚えていないが「自分と言う他人を幸せにしなさい」的な事だったと思う。

性同一性障害や同性愛を持つ人の多くは告白を躊躇する。それは自分が差別される恐怖もあるが周りへの配慮だ。自分の親や友達が傷つかないかと心配するのだ。私も母親に告白した時に躊躇され、それ以上突っ込めないまま生きてきた。その結果私自身が壊れて病気になり床に伏せる事になった。

ここに一つ自分と言う他人を付け加えてみたらどうだろうか?自分が傷つく事はしてはいけない。自分に嘘をつき続けると私のように病気になり長い年月を布団の上で過ごすことになる。

死後の世界は神様に任せる

色々と考えた。だがしかし答えはたどり着かなかった。死後の世界があるかどうかも分からないし、体がどうなるかも誰も分からない。それならば今の自分達の運命的使命をまっとうしようではないか。

もしも途中で性転換する運命を感じたら私は性転換しようと思う。姑息な考えだが一つの考えに固執しないように生きようと思った。

運命は日々変化する。使命も日々変化する。変化する毎日を過ごして生きようじゃないか。そして天に登った時にどうしても納得いかない体だったら神様に直談判しようじゃないか。どうだろう私と一緒に直談判する愚か者はいるだろうか?是非ともご一緒したい。

地団駄踏みながら日々生きる。私はここにいますと泣きながら。

-思う事・考え
-

執筆者:

関連記事

【女】性同一性障害や性的思考の悩みを持っている人は是非ともニコ生やツイキャスをやって欲しい

世の中には私のように性別で悩んでいる人がたくさんいると思います。

【混合】Xジェンダーの私が疼痛症候群と言われ、治る可能性がほぼ無いと言われた時に後悔した事

私は今体の痛みで診断を2つ貰っている。一つは麻酔科より貰った疼痛症候群、そしてもう一つは精神科で貰った鬱性疼痛だ。

【男】変数になろうと努力した日々

最近プログラムを再び始めた。以前にも興味があったが、自分がxジェンダーという事が分からず進まなかった。進まなかった理由は、女性寄りの日はプログラムに興味がない。または記述が出来なかったからである。 以 …

【女】性癖と性同一性障害とは違う。自ら気づかなかった過去。正しい知識が必要になると感じた

私は自分の性別が違和感を感じていました。と言うか性別と言うか体に違和感を感じていました。

オネェみたいな人が皆女装するなんて思っている人がいる現実が結構辛いわけですよ

昔から自分は体の異変があったけど、男か女か分からなくていっつも悩んでいた。時には「女性服が着たいな」と思うけど、別日になると「なんであんな事考えてたんだ自分大丈夫か?」と自分自身と闘っていた。 今はX …


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v