モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思い出・過去の事

ブログを通して自分の意見を発言 沢山の自分との調和を感じる

投稿日:

最近複数のブログを立ち上げた。以前も何個も作っては削除していた。その理由としては「昨日との考え方が違う」「なんか自分楽しくない」と感じたからだ。
xジェンダーと言う言葉を知るまでは自分の意見を統一しようと懸命に頑張った。
ブログを書いた次の日は気分が落ち込んだ。なぜ考えがこんなにも変わるのだと。そして文字の文体も違う。
女性っぽい時は「でしょう」「ではないでしょうか」と柔らかい表現。でも男性寄りになると「だろう」「という事だ」と断定で文体を構成する。
これが非常に苦痛だった。

PC以前にも日記を書いていた時期がある。その時は文字の違いに悩んだ。女性寄りの日は丸い文字、男性寄りの時は斜めの書体になる。何度も何度もノートを破って捨てた。
学生時代は自分の文字を見るのが嫌で勉強を放棄した。今でPCでこのように書けるが、未だに自分の文字を見るとぞわぞわする。

私にとってインターネットの普及は助かった。自分の意見を匿名で発言出来る。そして文字の書体も気にならない。
今私は色々なブログやサイトを作成している。その中にはちょっとアダルト系もある。でもそういう部分の自分も大切にしていきたい。
否定するのではなく受け入れる。全ての自分を受け入れる事にする。

もしも今私のように困っている人がいるならブログやサイトを作成してみてはいかがだろうか?Googleが運営しているbloggerならGoogleアカウントを持っている人は無料で100個まで作れる。このブログの良い所は一切広告が入らない。ちょっと人気が出てきたら広告を自分で入れたらいい。でもアダルトはNGだから気を付けて。

表現する事を否定しないで生きようと思う。でも自分との調和も大事だ。暴走する時もあるが自分をコントロールと放任しながら付き合いたい。

-思い出・過去の事
-,

執筆者:

関連記事

【女】茨城の深夜出会った体をブルブル震わせる女性。彼女がしたかったこと

さて急に昔の事を思い出したので書き込んでみる。これは私が20歳ぐらいの時に出会った女性だ。

【女】ゲンキングさんを見た瞬間に私と同じだ!!そう直感し生きる勇気がわいた!!

こんにちは!今回は私がどのようにして自分の性別について立ち向かっていったか詳しく書いていきたいと思います。

【混合】性同一性障害の人への対応は特別なものにしなくてもいいと私は考える

私はずっと身体について不安があって鏡を今でも見るとかなり不安になる。正直自分の体はしんどい。

【女】スカートめくりをしてる私のアイドルRちゃん。彼女に近づきたくて告白した事

私は中学生の時に母に「女になりたい」と言い「なぜ女の子に産んでくれなかったの」と泣いた時がある。

【女】男の人の話も分からない、女の中にも入れない孤独。私は皆で共有できる「怖い」を求め続けた。

最近過去の事を思い出す事がある。完全な男のフリをして過ごす辛い日々だったが、その中にも楽しみがあった。それは心霊スポット巡りだった。 タイトルにも書いたが私は中途半端に生まれてしまったせいか、男性が話す内容がよく分からないのだ。


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v