モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思う事・考え

相手に一生私と言う存在を覚えて欲しい時に思う事

投稿日:

ふと自分と言う存在が分からなくなる。「男」「女」?恋愛対象はどっち?体はどっちが合うのだろうか?こんなことを考えると体がぞわぞわしてくる。

こんな時に自分と言う存在を誰かに覚えてて欲しいと願望が顔を出すのだ。でもどうやって相手に自分と言ういうオブジェクトを頭の片隅に残しておくのか感がるとよからぬ方向に行ってしまう。

仲の良かった、そして昔の彼女に覚えて欲しいと願った時があった。その時は異常な精神状態だったのだろう。彼女の子供に一生残る障害を与えてやろうと考えたのだ。

決して相手の事が憎い等ではない。むしろ幸せになって欲しいと思っている。が、きっと幸せと言う中で私と言う悪夢は無くなってしまうと考えるとなんらかの足跡を残したくなるのだ。

仮に私が子供を失明させたとしよう。彼女は子供を介助する時間が長くなるだろう。その度に悪夢として私を思い出すだろう。どんなに明るい毎日を送っていたとしてもふと思い出すだろう。

私は考えた。ギリギリのタイミング、彼女が子供を助けられるか助けられないかの瞬間にダメージを与えようと。そうすれば「あの時私がもっと早く気づいていれば」と後悔するだろう。その度に彼女の脳裏に私の存在がクローズアップされるのだ。

長い時間私を憎み、死ぬまで私に復習したいと願うだろう。そして復習してくるかもしれない。その時は実に私は嬉しいだろう。彼女の脳の中に私で埋め尽くされているのだ。そして彼女の手で殺されるかもしれないのだ。ゆっくりかもしれない、早くかもしれない。だがその時は世界には私と彼女しかいなくなるのだ。そう考えると性欲が実に高まる。

今考えると実に恐ろしい考えだと思う。だが時にふとまた過るのだ。

 

だが実際には私はしない。何故ならばまた男として彼女の頭の中で生きなくてはいけないからだ。虚像の私がまた上塗りされる事は実に耐えがたい。

今思う、彼女の事や子供に攻撃しないために私はLGBTとして生まれたのではないだろうか。そう考えると神も意気な事をしてくれたものだと思う。

 

マザーテレサのような誠実さと、高橋靖夫のような好奇心。まつのような一直線、しげのような戦略家、ちいのようなバランスが私は欲しいと願っている。だが私は私だ。所詮失敗作。白紙の一粒の点となろう。

-思う事・考え

執筆者:

関連記事

【女】ツイキャスでコメントしようとする度に鉄壁の守りをする囲い女。こいつらをなんとか出来ないものかと悪い私は考えるのだ

私は家で過ごし事がほとんどだ。女性の日だろうが男の日だろうが家で過ごす。と言うのも現在疼痛症候群なる体が痛くなる病気になっているのだ。だから体を動かす事が困難なのだ。

【女】帰りたい場所、私の原点

自分の居場所をずっと探していた。家族と言われる人達の中にいても私は男を演じて日々疲れていたのだ。

【女】富、名誉、地位、人間の成長、私には何も興味がない。ただ綺麗な魂であの世に行き神様に頭をなでて貰いたいだけ。

私は昔から自分が何が欲しいか分からなかった。

【女】死後の事を考えると性転換をしたほうがいいかと思ってしまう。死後の世界ではどっちの体になる?老後の事も心配

私は最近考える事がある。それは死後自分はどっちの体になるのだろうかと思うのだ。

【混合】親の勝手でSNSで出回る女装男子、男装女子の子供たち。彼らの行く末は誰も知らない

私は以前にFacebookやmixi等色々なSNSをしていた。だが今はしていない。すべて削除してTwitterだけにしている。


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v