モスログ

適当な毎日を、そして変化する毎日を素直に記録したい。ネットの海でダイブしたい。性同一性障害、同性愛者、なんだっていいじゃないか踊りながら歩もう。

思い出・過去の事 性別的なこと

【男】「浮気しないでね」その言葉のプレッシャーで押しつぶされそうになった

投稿日:

恋愛では「浮気」や「不倫」と言う言葉が時々出てくる。だが私には無縁の言葉だった。と言うのも男になったり女になったりする人を普通の人は好きになろうだろうか?そんな変人物と結婚してくれる人はいるだろうか?そう考えるとそんな事をしてる余裕など私にはなかった。

私のようにコロコロ性別が変わる性同一性障害は恋愛も少し違うのです。

異性に見えない恐怖

私は女性の日のほうが男性の日よりも多い。以前い書いたと思うが私は一ヶ月のうち10日も男性になれる日がない。男性になっている日も「自分はゲイじゃないか」と悩む日々が続いた。

誰もが生活するのならば彼女、彼氏がいたとしても他の異性にドキッとした事があると思う。多分あるんだろうか?私は女性が好きだ。好きと言うとちょっと違う。女性の時のほうが断然長いので女性といたほうが落ち着くのだ。男性といる時には男らしくしないといけないと常に考え緊張の連続であった。

彼女がいた時に何度か異性にアプローチを受けた事がある。ちょっと変な話だが私は彼女が出来ると安心するのか他の女性が異性としての認識が難しくなる。

キャバクラ等では触られるのが非常に苦痛になるのだ。姿としては女性として認識は出来るのだが、性的な意味では同性と認識し、とても気持ち悪くなるのだ。自分自身これはちょっと説明が出来づらい。何故か同性に見えてしまうのだ。

今はなんとなく分かるので気持ちの整理は出来るが、当時は何故綺麗なお姉さんに触られると気持ち悪くなるのか自分でも分からなく悩んだものです。

「浮気しないでね」が「浮気も出来ない癖に」に感じた被害妄想

私は「浮気しないでね」と言う当時の彼女の気持ちは十分わかる。こんなフラフラした男はあちこちで女を作りそうなものだ。自分自身色々な漫画で男性を研究して「浮気の一つぐらいしておいたほうがいい」と考えていた時もあった。

だが実際に他の女性に会った時に「同性に見えてしまう」これには恐怖を感じ不安な気持ちになった。そして何度も「浮気しないでね」と言う言葉が「浮気も出来ない癖に」と脳内で変換されて意味が分からない状態になった。被害妄想が強いので日々苦悩したのであった。

男性の機能が役立たない時

どんなに好きな彼女でも完全な同性に見えてしまう時が多々あった。そんな時はイライラして彼女を突き放すような暴言や行動を起こした。

特に一番悲しかったのは腕を組まれた時だ。「なぜ私が腕を組まれないといけないのか?」私は緊張しながらデパートの中を歩いたのを覚えている。私は腕を組まれるではなくて、腕を組みたかったのだ。だが実際には私は170センチある、彼女は150センチ程なので私がぶら下がれる事等到底不可能なのだ。

男性の機能が機能しない時もあった。機能したとしても自分が何をしているのか分からなくなって悲しかった。頭の中は混乱している事が多かったのである。

-思い出・過去の事, 性別的なこと
-

執筆者:

関連記事

【女】自分の名前に恐怖する日々。どうしたらいいのか迷う

私の名前は男でも女でも両方通じる名前である。「ケイ」が名前であるが最近引っかかるのだ。

【女】男になりたいの?女になりたいの?皆が私にする質問。なぜ選べないのかちょっと詳しく書いてみる。

私の性別的な事を言うと口を揃えて言われるのが「なら男になりたいんだ?」「なら女になりたいんだ?」と言われる。 こんな事を言われるとうんざりする。理解されないのは分かっているが「何をこいつは言いたいのか …

【女】お金が無くてコバンザメのように男友達の後をついて回った過去。ライフガードを飲みたいと思い続けた日々

私は小さい時から自分の性別に違和感を感じていた。

【女】寝る前の恐怖、「もしかたら明日には私は消えてしまうの?」そう思って眠れなかった日々

こんにちは!今日は私が恐怖していた事を書いていきたいとおもいます。

【女】帰りたい場所、私の原点

自分の居場所をずっと探していた。家族と言われる人達の中にいても私は男を演じて日々疲れていたのだ。


ネットの中で生活しています。パレットと申します。体は完全な男。中身が男と女を行ったり来たり性別を迷走中です。自由気ままにブログを書いていきます。私は風の子だワッシャッシャ!!

次回のメンテナンスは7月31日です。おそらく夜中にやるので皆さんに迷惑かけるようなことはないはずですv(´・ω・`)v